会長挨拶


 平素より長崎県病院薬剤師会に多大なご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。  令和元年と2年度の長崎県病院薬剤師会の会長を務めさせていただくことになりました。 旧役員の先生方に感謝いたしますとともに、今後、新役員とともに長崎県病院薬剤師会を発展させ、県民の厚生福祉の向上に全力を尽くす所存です。 今後とも一層の御指導御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 日本は、経済基調や社会環境が変化するなか、少子・高齢化の進展を受け、医療体制の抜本的改革を行っています。 医療資源や高齢化の状況には地域差があるため、包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築が各地域で推進されています。 また薬剤師や薬局のあり方に関する医薬品医療機器等法(薬機法)の改正に向けた動きが本格化いたします。 今後の診療報酬改定では、医療と介護を統一した地域包括ケアが一層推進され、病院薬剤師の高度薬学的管理と地域での連携が評価されることが考えられます。 医療者の働き方改革も推進され、薬剤師の責任と役割は一層大きなものになっていきます。

 病院薬剤師は医療安全に対する国民の期待に応え、薬物療法の適正化と地域医療連携を見据えた業務展開を図る必要があります。 そのため、自己研鑽を通じて個々の能力を着実に向上させることで、業務の質を上げるとともに、専門性を磨き高度なチーム医療へ参画していかなければならなりません。 また新しいコアカリキュラムのもと、実習を行う教育者としての資質を伸ばす必要もあります。 その一方で、大きな地震や風水害が続く中、首都直下地震や南海トラフ地震などが予測されており、各地の災害対策や支援体制等の充実も喫緊の課題となっています。

 長崎県病院薬剤師会は、日本病院薬剤師会と連携し、チーム医療や医療安全における薬剤師の研修と高度な業務の展開を図ってきました。 会員用には、癌治療、感染制御、緩和医療、精神科領域の治療、高齢者医療など、多様な学習機会を提供しています。 さらに、長崎県病院薬剤師会会誌、日本病院薬剤師会雑誌、ホームページ、メーリングリストなどで、医療や医薬品の最新情報を入手することができます。 新人研修や接遇教育、ボーリング大会など、会員同士のコミュニケーションも推進しているところです。また、長年貢献していただいた薬剤師を表彰する特別功労賞も継続してまいります。

 長崎県病院薬剤師会は、会員の意見を反映した組織体制として、会員への正確で迅速な情報伝達と、その共有化に主眼を置いています。ぜひ、皆様のご参加とご協力をお願い申し上げます。


令和4年度 事業計画


 令和3年夏、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催された。名称からも分かる様にCOVID-19の世界的流行により当初の開催日程から1年延期、緊急事態宣言下、無観客と異例の事態での開催であった。しかし、アスリート達の圧巻のパフォーマンスには感動せざるを得なかった。一方で年度末にはロシアがウクライナへ軍事侵攻を開始した。現代におけるもっとも愚かな行為と言わざるを得ない。長崎県病院薬剤師会は日本病院薬剤師会からFIP(国際薬剤師・薬学連合)を通じ支援を行った。会員の皆様のご協力に感謝申し上げる。
 そんな中、令和4年度の診療報酬改定が行われた。団塊の世代が全て75歳以上の高齢者となる2025年に向けた、医療機能の分化・強化、連携や、医療と介護の役割分担と切れ目のない連携を着実に進める改定も最終段階にきている。更にその先には2040年頃の、団塊ジュニア世代が65歳以上の高齢者となり高齢者人口がピークを迎える時の到来も視野に入れられている。
 具体的には、褥瘡対策が見直され管理栄養士との連携が求められている。診療所においては外来感染対策への加算が新設され、所謂大病院、中小病院、そして診療所が連携して感染対策を強化し取り組むことが求められる。周術期には術後疼痛管理チームの加算が新設され、周術期専任の薬剤師と病棟薬剤師が連携し薬学的管理を行うことを評価する加算も新設された。また医療的ケア児等に対する専門的な薬学管理の評価として保険薬局との連携も求められている。がん関連においては、外来腫瘍化学療法診療料が新設され、外来機能の分化に応じた連携、またここでも管理栄養士との連携も求められている。
 このように病床機能が分化され、外来機能も分化される中、他職種との連携及び施設間の連携を強化していかなくてはならない。タスクシフティング、タスクシェアリングと称し様々な医薬品が関わる場面へ薬剤師が参画していかなくてはならない。いまだ続くCOVID-19の流行において、施設内での感染対策、感染症病棟での薬学的管理指導、ワクチン接種への関わり、新規承認薬導入にあたっての情報収集提供や管理、そして患者への薬学的管理指導と様々な場面において病院薬剤師はその職能を発揮してきた実績をもつ。
 機能は分化されるが患者は、急性期から回復期そして慢性期という一連の流れの中にいる。会として各ステージにおいて薬剤師職能が十分に発揮出来る様支援をしていく。全国各地での先進的な取り組みを共有し県内での取り組みを推進する。さらに各団体、特に大学薬学部や行政、薬剤師会との連携を強化していく。従来の事業を継承しながら会の基盤強化を図る。
詳細は以下に記す。引き続き会員の皆様には、ご理解とご協力を賜ることをお願いする。


1. COVID-19への対応と情報共有
   全てコロナ禍における若しくはWithコロナor Afterコロナにおける
 (1) 理事会・総会の決議等への対応
 (2) 学術集会等への対応
 (3) 行政や日病薬との連携と情報共有
 (4) 会員施設における業務や体制等の情報収集
 (5) 薬学生の実務実習への対応

2. 病棟業務(薬剤管理指導業務並びに病棟薬剤業務等)の普及・定着
 (1) 病棟業務の推進と高度化への取り組み
 (2) 働き方改革を考慮したチーム医療への貢献
 (3) 医薬品の適正使用と安全管理に関する薬剤師業務の推進
 (4) プロトコルに基づく薬物治療管理の情報収集
 (5) 高齢者の薬物治療適正化とポリファーマシーへの取り組み
 (6) 医療連携の推進

3. 薬剤師生涯教育の推進
 (1) 日病薬病院薬学認定薬剤師制度に対応する学術集会の実施
 (2) 担当理事を中心とした研修事業の活性化
 (3) 専門薬剤師委員会による計画的な研修の実施と予算配分の検討
 (4) ビジョン委員会による事業活性化と若手人材の育成
 (5) 薬学生の実務実習の実施

4. 情報事業・広報活動の充実
 (1) 長崎県病薬会誌の編集・発行
 (2) ホームページのコンテンツの充実と利活用の推進
 (3) メーリングリストの有効利用

5. 薬剤師生涯教育の推進
 (1) 新入会員の勧誘
 (2) 組織及び運営の透明化と自己点検
 (3) 関係団体(医師会・歯科医師会・看護協会・県薬・行政等)との連携
 (4) 薬剤師雇用に関する情報共有と対応
 (5) 法人化へ向けた検討

6. その他
 (1) 定年退職者を対象とした特別功労賞の表彰
 (2) 災害被災地への支援
 (3) 市民・県民健康講座への協力
 (4) 健康保険事業への協力
 (5) 医療福祉関連諸行事への参加協力



Copyright © 2016 - Nagasaki Society of Hospital Pharmacists. All rights reserved.